美白は1日にしてならず

2人目の子どもを出産した頃から、シミやそばかすが気になり始め、美白ラインを使い始めました。

シミやそばかすを薄くするためにはターンオーバーを促し、いかに美白成分を肌に浸透させるかが大事であるとのことで、洗顔やメイク落としも美白系のものを使った方がいいようでした。

少しでも早く効果が欲しかったので、美白系のサプリメンも併用して飲み始めました。

ターンオーバーの周期は約1ヶ月で、すぐには効果が出ませんでしたが、気になっていたシミ(1センチくらい)が徐々に薄くなり、顔全体のくすみが改善されました。

スキンケアの知識がほしい

スキンケア、自分の性格もありますが、忘れてしまう時があります。忘れてしまうとすぐ肌に結果が表れてしまうので、厄介だなあといつも思います。それと、子供もいるせいかいろんなのをゆっくりやる時間がないので、もっぱら最近はオールインワン1本です。けど、オールインワン1本選ぶのもどれがいいのか迷ってしまいます。もう少しスキンケアの知識をつけたいなあ、と最近は思います。そろそろ自分の肌も、若かった頃とは違い肌も変わってくる頃…。自分の肌と年齢と生活環境にあったスキンケアを見つけて、素敵な肌を保ちたいなあと思っています。

人生の敵!ニキビ!!

子どもの頃からめんどくさがりだった私は、あまり髪型、スキンケアなど容姿に興味がありませんでした。「色白で透き通る様な肌だね~」と言われていた子ども時代…

高学年になるにつれ徐々にニキビが出来、治りにくく、肌を気にするようになりました。

ですが中学生頃までは、洗顔料も家族と同じだし、化粧水などもほとんど使ったことがありませんでしたし使うつもりもありませんでした。

母に「もう年頃なんだしいい加減使ってみなさい」と促されたのがきっかけかは定かではありませんが、少しでも改善されればと思ってはいました。

市販のニキビ用洗顔料から使い始め、高校時代にやっと化粧水を使うようになったと記憶しています。

高い物を使う気はなく、安価でニキビに効くと聞いたものを購入していましたが、特に改善されることはありませんでした。

子ども時代の父もニキビ肌だったため、私もニキビ体質なんだな~と落ち込んでいました。

また、黒い肌にも憧れていて日焼け止めなど一度も使ったことがなくむしろ日焼けクリームを塗っていました。

大学生になり、少し高めの化粧品にも手が出せるようになりやっと人並みにスキンケアというものに興味を持ち始め、20歳を過ぎた頃から日焼けに対しても気にするようになりました。

20歳までに浴びた紫外線がシミの元!と言う言葉を聞いたことがあったのですが、その言葉通り、段々とシミが出てきました。

ですが、シミよりニキビ優先の私は、今現在も特にシミに対しての化粧品は使っておりません。

金銭的に余裕があれば、両方に効果のあるものを使いたいのが本音ですが、青春時代から10年以上たった今もニキビが1つもない時期がないため今はとにかく、ニキビのない肌に憧れ目指しています!いるつもりです!

結婚式を機に、ニキビ肌用エステにも通いだし現在も月1ですが行ってます。

社会人になり、ストレスを感じるとニキビが出来ていることに気付きましたが、仕事を辞めるわけにもいかないので、今までで一番スキンケアに気を使うようになりました。

ケチって使っていた化粧水もたっぷりと使ったり、付け方を改善したりしたところ、やっとニキビが落ち着く時期も出来ました!

高い化粧品だから効くと言うわけでもなく、肌質・使い方・環境の問題かと思います!

今も大人ニキビと戦っていますが、いつかニキビのない肌になることを願っています。(なるべく若い内に味わいたいと思っています(笑))